1. 和解

    現在訴訟を起こしてる動物病院 Advanced Veterinary Care Centerから和解を申しだされました。私が求めた治療費全額返金と訴訟金を支払う代わりに訴訟を取り下げて欲しいとの事。結論を言うと和解に同意しました。

    アメリカでのペット医療問題の訴訟とはとても複雑な物です。今回私は色々な人の意見や自らリサーチをした結果、Small Claims Courtにファイルするのがベストだと考えました。スモールクレームでも裁判は裁判です。たくさんの人から勝てる可能性は低いであろうと言われながらも来月の14日に予定してた裁判に向けてリサーチ、書類集め、弁護士へ相談をしていました。

    途中Fox TVからメメ訴訟問題についてテレビで戦わないかというオファーも頂きました。メディアに載せる事で多くの人にこのケースを伝えられるというのは私にとって大きな目標でもありましたが、結局病院側からも撮影許可をもらわない限り不可能。。結局私が病院に与えられるダメージというのはしれたものです。

    「和解」に合意する事に悔しい気持ちもありますが、これ以上戦ったところで病院側へのダメージの大きさとメメの死は何も変わりません。初めから大金を要求するつもりもなく、否を認めて欲しい事とどぶに捨てたお金の返金を求めただけなのです。けして裁判で勝利を得たわけではありませんが、ドクターからの謝罪を受け取る事はできたのでここで戦いは終わります。

    メメのお話をシェアして頂き、今203人となった著名を頂いた事に心より感謝申し上げます。人生初めての訴訟でとても勉強になりました。メメを亡くした後悔は一生消える事はありませんが、また一つ勉強になり、成長ができました。同じ経験をされてる方で訴訟について相談があればいつでも連絡頂ければアドバイスします。

    image

    Rest in Peace Meme. You are forever my loving one of a kind angel ♡

    08.13.07~06.26.14

     


  2. San Fransisco Part 1

    Labor Day 3連休は2年ぶりにサンフランシスコへ行って参りました。

    お目当ては得に(笑)ただyusukeも私もSFが大好きで、いるだけで十分。

    今回初めてVirgin Airlineのチケットを購入して凄いワクワクだったの!でも意外と期待以下だったっていう。。w あの若くてヒップな感じはAir New Zealandで十分満喫したのと正直Air NZのほうが設備も新しくてもっと奇麗だった。

    あ、あと家から空港までは初めてLYFTを利用したのだけど凄くよかった!使いやすいしちゃんと来てくれるし、First Ride Free Promo Codeでただ乗りできたんだけど普通に払ってても安かった!早い、安い、清潔、英語がちゃんと通じる、これも大ファンになったよ。LYFT未経験者は是非promo code: SUMMERLYFTで最初のライドを無料で体験してみて下さい!

    Anyway到着して速攻レンタカーしてFerry BuildingのFarmers Marketへ!お目当ては2年前に食べそびれたRoli Rotiへ。ここのPorchetta Sandwichが有名なこと。オーナーさんは日本人とアメリカ人の夫婦?丸ごとがチキンが何十匹とローストされていて、落ちる油でポテトをグリルするっていう、もう最高。

    11時にはJack Knifeのスタジオにアポをとっていたので急いでOaklandへ。Jack KnifeのJohnとNickとは3年前にSFで出会って以来SF来る時は必ずスタジオへ遊びにいくの。彼らは研究に研究を重ねたJeans職人。よく聞くPremium Denimとは次元が違う。生地や糸のクオリティーは勿論、彼らはスティッチングのテクニックからシームの拘りを知り尽くした上で、いかに現社会人に有効性があり、一生履ける本当の意味で「quality jeans」を作っている3人組。JeansだけでなくDuck Canvas使用のジャケットやパンツ、コットンシャツなども作っています。全て彼らの工場で彼ら3人だけで生産しており、クライントもあえて狭くもっている。本気でJack Knifeと対等するデニムブランドは今存在しないと思う。話すと長くなっちゃうから興味がある方はwebsite読んで下さい。

    4人全員パンツの裾を織ってseamsを見せるっていう 笑 拘り男子達。Yusukeが羽織ってるジャケットはもうすぐ完成の「Chapter 1」シリーズの新作でプレゼントしてもらってましたー。

    最近SFからOaklandのスタジオに引っ越したのだけど、ここ廃墟になったwarehouseを改装して色んなアーティストの作業部屋となっているんです。元々はFarmers Marketだったため、未だに壁にVegetableとか書いてて可愛いw

    帰り道の新しいBay Bridge。左に見えるのがオリジナルで、途中切れてる…2年前はあそこ走ってたのにな。なんだか切なかった。

     


  3. 訴訟

    6月29日に愛犬のメメが天国へ参りました。7歳でした。

    メメの死因は獣医による誤診です。日本と比べアメリカの医療は高額なだけで無く、良い医者が少ないです。動物も同じです。まず評判の良いという獣医を聞いた事がありません。

    これまでペットが病気をした経験がなかったため、ワクチン接種以外で獣医に行った事はありませんでした。しかし突然、日中走り回っていて、夜ご飯も食べてたメメが夜8時頃、急に極度の嘔吐で苦しみました。餌を全て吐いてしまい、水も受け付けませんでした。息も苦しそうでした。次の朝初めて行く近くの獣医へ連れていきましたが「特に異常なし」。「何か変な物を口にしたのだろう」と。。吐き気止めと水分補給だけして返されました。

    夜になって状態は少しも回復せず、次は緊急病院へ。担当の先生はとても若く、経験が浅そう。。日中の獣医と同じ診断結果でとりあえず血液検査、点滴と入院をさせました。

    次の朝、病院から電話があり血液検査では異常が無く、メメも回復しているとの事。安心しました。しかし、病院へ会いにいくと昨夜よりも苦しんでいるメメの姿がありました。3人目の先生は、「餌は食べてくれないが、嘔吐はしておらず、痛みもないであろう。ぐったりしているのは体力が落ちてストレスフルな環境にいるからであり、安静にして様子を見たらいいでしょう」と。。なわけがない。下記の写真の通りの姿でした。

    image

    確実にメメの様子は悪く、呼吸も苦しそうで痛みもありそうでした。先生に何度も再検査をして貰うようにお願いしました。緊急病院の先生は何匹の患者も同時に見て行くため、5分以上も話を聞いてくれませんでした。何度も部屋を出たり入ったりで、全く聞く耳をもってくれません。他の病院へ行く事も考えましたが週末で空いている病院も緊急病院ばかりで、どのドクターへ行けばも分からない。パニックでした。

    とにかく何もしないわけにはいかないので、一番高額な超音波検査を受けました。超音波はXrayよりも細かく見えると言われ、これを行えば内蔵のコンディションと万が一誤飲した物体が見られるとの事でした。結果は「異常なし」。原因が分からない、でもどんどん状態が悪化していくメメを見るのが苦しくて苦しくてしょうがなかったです。ひたすらインターネットでリサーチしたり掲示板へ書き込んでも似たケースが見られなかったのです。

    我慢できなくなった私はその夜、再度病院へ連れて行きました。夜中12時でした。呼吸の異変に気づいたナースは速攻でメメを酸素部屋に連れて行きました。Xrayを頼んで一時間後、4人目の獣医さんに「急性肺炎」と診断されました。肺はかなり危ない状態で、今夜持つかどうかも分からないと告白されました。心が破裂しそうでした。今すぐ手術をしたい所だけど体があまりにも弱っているので麻酔で死んでしまう可能性が高い、今一番できるベストな手段は抗生物質と点滴しかないと言われました。また一人にさせないといけない不安と可哀想さを後にメメを病院へ置いて家へ戻りました。戻った私は一晩中肺炎専門の先生を探しました。日曜日の真夜中だったため電話で話せる医者はおらず、朝8時まで待ち片っ端からメメを助けてくれる先生を探しました。丁度他の病院との電話の最中にメメがいる病院から電話がありました。「もう息をしていない」との事でした。

    嘔吐が始まってから60時間後の事でした。急すぎでした。

    最後の最後まで一人で苦しませた事を悔いに思います。最後ぐらい側にいてあげたかったです。最後見た酸素部屋の中のメメの顔が頭から消えません。あの時にちゃんと抱きしめてあげたかった。死を分かっていれば連れて帰って一緒にいたかった。

    4人の獣医からの診断、3つの検査、入院、薬と全て合わせて$2400(約24万)の治療を受けているにも関わらず何故メメの肺炎がこんなにもギリギリまでわからなかったのかが納得できません。獣医達の経験の浅さ、誤診によって助けられなかったんだと心から思っています。病院にもそう訴えました。勿論認めません。20%の返金ならすると言われました。

    人生初めての訴訟を起こしました。近々コートの日程が決まります。それまでに出来る限りの準備、リサーチ、多くの人の署名を得なければなりません。メメのためにこちらから賛同の署名をお願い致します。こちらのサイトは決してSPAMやJUNKメールは届きません。不安であれば住所も適当に記入して頂いても構いませんのでどうぞ宜しく御願いします。

    image

    メメへの著名するはこちらから!

    I love you Meme.

     


  4. 結婚式

    友人の結婚式へ参加するのは今回が人生で初めて。最後行ったのは15年前とか?!
    これからたくさん出席する回数が増えるんだろうな〜笑

    花嫁は我同僚のちゆきさん。ちゆきさんと言えばノリが古くよく、誰にも真似出来ない独特なユーモアがある先輩。常に謙虚で努力家でたくさんの人に愛されている女性。アメリカへ来て約2年、素敵な旦那様のケビンとめでたくファミリーになったのです。

    image

    式の朝、まだ準備中のちゆきさんを一目見た瞬間に号泣。なんなんでしょうねあの嬉しながらも感じる緊張感と不思議な空気。

    お父様とバージンロードを歩きながら涙しているちゆきさんを見て再び泣く私。幸せは勿論、親の想い、花嫁の想い、これまでの道のりや一生を誓う覚悟と二人の未来。同じ女性として色々な事を感じて乗り越えた結果に幸せが待ってるんだなと共感をしたのかもしれません。

    image

    ファーストダンス♡ 

    image

    花嫁側のゲスト。いや〜この中にいる自分が羨ましい 笑 

    私の周りは才能ある方ばかりです。こうやって共にお祝いできるのは幸せな事。これもちゆきさんのおかげ。

    image

    初めての結婚式は本当に素敵で温かくて、私にとっても思い出深いものとなりました。
    ちゆきさん、ケビン結婚おめでとう!末永くお幸せに♡

     


  5. 運命の数字

    こないだ教わったのですが人間には誰もが「運命の番号」を持っているそうです。占いみたいな物なのかもしれないし、大間かな分け方かもだけど偶然繋がる関係が面白かったので是非シェアしたくて。

    計算法は生年月日を全て足すこと。

    例)2月13日1990年 生まれ

    2+1+3+1+9+9+0=25=2+5=

    私の運命の番号は「7」です。

    ちなみに数字に意味は以下です。

    image

    私のは合ってますね。笑

    数字が11、22、33になる人はとてもパワフルな意味があるみたいで11=強運の持ち主(美輪明宏)、22=世界を引っ張るリーダー(坂本龍馬)、33=カリスマ(オリンピック金メダリスト数名)。これに当てはまる芸能人が凄かったんですよ!

    自分の身近な人間で数人計算した所「3」と「4」が殆どでしかも全員納得する。「3」は私が心から信頼している人たち。「4」は私が尊敬や憧れを持っている方々。「3か4」意外は「11」「33」だったんですよ。

    びっくりする程他の数字が一人も出ないという事私は似たような人ばかりに魅力を感じて、常にその人たちといる事が好きで心強いのかなと。。良いのか悪いのかは分からないけど面白いなと思ったのさ。

     


  6. Dragon Ash Atsushi x Michael Rosner アートイベント

    先日行った ATSUSHI x ROSNER のパフォーマンスライブに来て下さった方ありがとうございました。

    このイベントはスタッフで主催のあっこさん人脈で始まったイベント。Atsushiくんとあっこさんは長年の友達らしく、今回LAに来るという事で急遽イベント決定〜

    あっこさんと言えば私が人生で出会ったアーティストで一番天才だと思える人。多彩で器用で常に謙虚で努力家で、とにかく素晴らしい方です。アメリカへ来てから3年間の間で数々のショーを優勝して来てます。現在あっこさんは有名Body Paint ArtistのMichael Rosnerの専属アシスタントをやってます。Rosと言えば私が2年前をBody Paint Exhibitionでアシスタントオーガナイザーをやった中のアーティストの一人なので今回の繋がりにびっくりでした。

    当日Ros とあっこさんがAtsushiくんをボディーペイントしている風景。

    Rosと言えばステンシルを使った、ディテールの細かい、Roboticでメタリックなデザインが特徴。Atsushiくんのtatooを活かしながらデザインをつけていきます。

    Details ヤバい。

    ちなみにRosのステンシルはすべて自分がデザインして型を制作しています。企業秘密だそうです。

    ダンスパフォーマンスは2部に別れており、一回目はBody Paintだけで披露。二部はハリウッドで数々の着物テキスタイルを作ってきたSuehiroさんの着物を羽織ってのパフォーマンス。

    どちらも素敵でした。

    Atsushiくんのダンスは初めて見たのですがとてもスピリチュアルでした。「これってコンテンポラリーになるの?」と本人に聞いたら「なんなんでしょうね。なんでもないです。自作なんで。。」と 笑

    RosもAtsushiくんもとても熱い方で、自分の仕事に本当にpassionate。とても尊敬します。Rosは終始スタッフや生徒にエアブラシやボディーペインとの技術を惜しみなく伝授していました。Atsushiくんもハンブルで「心」や「努力」を大事にする方でした。

    あっこさんが素晴らしくて努力しているからこそ周りに素敵な人が集まるんだなと改めて感じて、私もまたいつかこのメンバーで一緒にお仕事できるように素晴らしい人になりたいと思いました。

     


  7. ニューヨークへ行ってた件

    5月の話だけど3泊4日でニューヨーク行ってますた。

    観光名所などは一切無し、行きたいショップとレストランだけリストアップして行ったのでポイントだけで載せていきますね。

    Freeman’s Restaurant
    ここ小さなストリートの路地裏にあって分かりにくいのだけど凄く良い隠れカフェ。外観も店内もアンティークさがおしゃれ。

    Milk Bar
    有名だけどmomofukuが経営してるMilk BarのCereal Milk Soft Serve。ミルクをそのままアイスにしてるみたいで味は超牛乳。牛乳飲めない私には駄目だった。。でもこの周りのシリアルめっちゃ美味しい!

    Grimaldi’s
    ここもニューヨークピザでめっちゃ有名。行く予定ではなかったのだけど急に土砂降りで雨宿り代わりに入りました。一番小さくてこのでかさ。美味しいけど感動はしなかったなー。ちなみに最近El Segundoに出来たんですよ!今度味比べしたいと思います。

    大戸屋
    そう、あの大戸屋。ニューヨークにあるなんて全く知らなかった!オープン11時丁度に行ったらもう数人並んでいて、11時15分には満席!!めっちゃ流行ってましたよー。メニューも大体同じで味も勿論美味しい!!全て定食スタイルで茶碗蒸し、お漬け物、お味噌汁、ご飯付き。なんと言ってもサービスが素晴らしかったです。アメリカ人サーバーをあそこまでにトレーニングするのは結構大変だったと思います。是非LAにもオープンして欲しい。。

    ニューヨークへ行くと必ず行きたいHighline。賑わってるけどそれでもお散歩が楽しい場所。3年前に行った時とまたちょっと変わってた気がする。Popsicleが売ってたので、食べた。

    Cocoron
    食べたいレストランがまだ4件ぐらいある中、迷いに迷った最後の晩餐。レストランと思いきやまるでに日本にあるようなカウンター席の小さくて狭い蕎麦やさん。これがなんと大大ヒット!!鴨付け蕎麦を頼んだのですが、この温かいお出汁と鴨の質が絶品!!!!ネギ、ゆず、わさび、みつばを入れるとまた味が変わってとにかくめちゃめちゃ美味しい。最後の一滴まで飲みました 笑 (でも蕎麦は普通でした)あまりにも美味しいから料理人さんと仲良くなりたかったのだけど従業員の殆どが違う国の方々で英語も話せず、態度も悪くて、やる気が無い。。サービスがマジで残念でした。。また食べに行くけどね。

    出発の朝は私の大好きなle pain quotidienで。LAと違ってNYではここのお店がいろんな所にあります。相変わらず美味しかった。

     


  8. Downtown Historic Broadway Tour

    とある日曜日に参加したUrban Hike (略:都内ハイキング)。
    場所はダウンタウンのBroadwayに10ブロックにわたる歴史物建物が並ぶHistoric Broadway

    このストリートはメキシコ人が経営する問屋さんで溢れていて、正直廃れてます。LA CityはこのBroadway Streetを復活させようというプロジェクトを進めていて、すでに少しずつ新しいビジネスが発展していってます。予定ではこのストリートにStreetcarが出来るというプランも。せっかく建てられた美しい建物を保存してもっとpedestratin friendly (歩行者便利)な街へ改善しようというプランです。詳しくはコチラ。メトロ拡大と同時並行で進んでいるので、出来上がりが楽しみですね。

    さて、本題へ。午前11時Grand Central Marketで集合してそのまま向いの観光名所Bradbury Buildingへ。ここは1890年代に建てられて、LAで一番古い建物として残されています。多くの映画の撮影場所としても使われていますね。Iron Rodを使ったモダンニズムインスパイアの建築はいつみても素敵です。

    image

    そのままBroadwayをひたすら南へ歩きいくつもの廃墟シアターを通って行きました。Broadway Stはこの名の通り多くの映画館やブロードウェイショーが盛んでしたが今では8割が廃墟。残りは映画の撮影場所で使われています。LAのブロードウェイは当時ニューヨークと比べてとても小さく設計されたため、ショーやフィルムのコスト値上がりに対してお客様が入れる人数の割合が悪く、どれも倒産してしまったそうです。

    何十件ともあるシアターの中、一番有名だったのが1930年に建てられたLos Angeles Theater。なんと中を見学できたんです!!

    image

    image

    エントランスがコージャスな事!!Details半端ない。ヨーロッパ並みの細かさでした。噂によると30日ですべて建てたそうです。

    image

    丁度何かの撮影の準備をしてました。赤のベルベットシートはいかにも1930年代でフラッシュバックした気分でした。

    image

    女性トイレのエントランス。The Great Gatsbyに出てきそうで興奮しちゃった。再現じゃなくて本当に使われてたお手洗いだからね!!

    image

    そして中に入るとまず無駄に広いラウンジスペース。ここでお化粧直しだったり、女性が一服くつろぐ場所だったのかな?

    でもでも奥の部屋に入るとまた別のお化粧直し室があって、そこは電球付きミラーとレザーチェアーにアンティークのドライヤーとかも壁に設置されてたの!!(写真なくてごめんなさい) マジで興奮した!!どんだけゴージャスなバスルームなんだよ。。

    フィンガーウェーブをしたフラッパーガールズ達がファースカーフを首に巻いて細長いタバコ吸ってるイメージが浮かびました。

    思わずしたくもないのにちゃんとおトイレにも行きましたよ。20席ぐらいずら〜と並んでいます。便器は新しく取り替えられて今風だったけどドアや鍵は昔のままでした。

    image

    本当に広いこのシアター、地下の部屋にある大きなパーティースペースにこんな写真が床に置かれてました!!Albert Einstein (アインシュタイン)と Charlie Chaplinが1931年のLA Theaterオープニングパーティーに出席した時の写真。。。 せめて壁に飾って下さい。

    なんだか全て写真撮るのに必死で肉眼でちゃんと染み付けてこなかった。。また行きたいな。

    LA Theaterを出たあともひたすら10th Stへ向けて歩いて廃墟になったシアターを通りました。途中、去年シアターをリフォームして出来たUrban Outfittersへアポ無しwalk-in 笑 お店の人が戸惑ってた。


    image写真:google


    いい感じにシアター感を残しつつ、モダンミックスな内装が良かったです。置くに見える白い壁が画面だった場所。今もプロジェクターで動画を流してました。

    そして最終店は今LAでhotなACE Hotel。ですよね〜。やっぱりここ来ちゃうよね〜笑 ヒップスターの集まりで私はちょっと苦手。ここでブランチとか出来ないな 笑 でもポートランドではいつか泊まってみたいホテル。ちなみにAceの隣は最近出来たAcne Studio。

    ツアーはここで終了。が、私たちはAce Hotelの斜め向いのTanner Goods Storeへ挨拶に。ここyusukeのお客さん達。Portland発のショップでここで売られているものは殆どmade in portland。従業員もポートランドからバンで荷物積んで運転してきて引っ越してきたんです 笑 皆本当いい人。

    image
    写真:google

    挨拶を終えた後はまたGrand Centralまでとことこ戻ってBel Campoでお昼ご飯。そこまで期待してなかったんだけどここのハンバーガーうま〜い!!さすがお肉屋さん!質がちゃいますわ。Broicheのバンズにbutter lettuce、自家製 ketchup and aioli, organic beefととてもシンプルなのだけどとってもジューシーで美味い!yusukeも珍しく感動してた!

    image

    あまりのファンになったみたいでDel Campoのトートバッグとケチャップまで購入してました 笑 ミーハー 

    ここのお肉はすべて神秘なるMt. Shastaにある自分たちの牧場で育てられているそう。本当にお肉が美味しかった。

    最後に(まだある)同じグラセン内(言ってみたかった)にあるコーヒーショップでMacadamia Nut Milk Latteを飲んで帰りました。こちらのお味微妙。私好みでは無かった。

    長くて充実した日曜日でした〜。

     


  9. おしゃれな mid-century trailer

    先日年に一度ダウンタウンで行われるfurniture flea market, Downtown Modernismにいってきましたー。

    場所はDowntown南部のwarehouse districtの一角で私も今回初めてこのエリアに来ました。

    そこでディスプレーしてたこのトレイラーがとーってもキュート。

    image

    image

    3台のトレーラーがディスプレーされてあった中、2台はFor Sale。こちらの一番出来上がってるターコイスの物はオーナーさんの私物でこの日実際にこれで運転してきたそうw

    image

    image

    image

    image

    多少のreupholstryはされてあるけど殆どは買ってそのままの状態だそう。色味もmid-centuryなインテリアも一つ一つにオーナーの愛がある。電子レンジなんておもちゃみたいだけどちゃんと動くし、シャワーもあるんです 笑


    こんなトレイラーでキャンプとか行きたいなー。

     


  10. Horse Back Riding @ Calabasas

    実は10日間のバケーションでヨーロッパに行ってました。

    水曜日の夜帰ってきて、木曜日の朝から早速体調崩して家で待機。。

    ヨーロッパへ行く前日にずっと前から行きたいとお願いしてたhorseback ridingへ行ってきましたー。

    場所はMalibuの山奥にある家を牧場として使っていて、そこからCalabasas National Park へハイキングトレイルが繋がってます。
    裏庭に国立公園ってどんだけ。。w

    インストラクターと一緒に90分コース。ひたすらトレイルを登って、途中MalibuとVenturaを見渡す大絶景。Kardashian Houseも見えますw Calabasasと言えばJustin Bieber, Brittney Spears,など多くのセレブ住宅街ですもんね〜

    ここで記念写真をとってくれますw

    私が乗っているのではLucy、yusukeのはRicky ♡

    二人ともとてもいい子だけどLucyはマイペースで少しおてんばwあっちいったりこっちいったり。そして何度も枝や生えてる草を食べては怒られ。。wダストが鼻に入って凄いくしゃみしてるし(私はアレルギーでくしゃみしてるし)w

    乗馬に慣れていないからお尻が痛かったけど満天の空の下でとても気もちいいお散歩ができました。寒いロンドンへ行く前にこれてよかった!

    そして最後にサプライズでこんな素敵なブーケ♡

    ありがとう♡

    にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

    コメントはトップページ 又はコチラから